陽平ドットコム〜試みの水平線〜 

常見陽平公式サイト www.yo-hey.com

【プロフィール】常見陽平(つねみようへい) 身長175センチ 体重85キロ
千葉商科大学国際教養学部准教授/いしかわUIターン応援団長/働き方評論家/社会格闘家
北海道札幌市出身。一橋大学商学部卒業、同大学大学院社会学研究科修士課程修了(社会学修士)。リクルート、バンダイ、ベンチャー企業、フリーランス活動を経て2015年4月より千葉商科大学国際教養学部専任講師(現:准教授)。専攻は労働社会学。大学生の就職活動、労使関係、労働問題、キャリア論、若者論を中心に、執筆・講演など幅広く活動中。平成29年参議院国民生活・経済に関する調査会参考人、平成30年参議院経済産業委員会参考人、厚生労働省「多様な選考・採用機会の拡大に向けた検討会」参考人、「今後の若年者雇用に関する研究会」委員、第56回関西財界セミナー問題提起者などを務め、政策に関する提言も行っている。

執筆・講演のご依頼、お問い合わせなどはyoheitsunemi@gmail.comまで。
プロフィール写真集はこちら
※発言は所属組織を代表するものではありません。

東京新聞にてW杯の盛り上がりについてコメント。 全文がネット転載されたのね。 「みんな、そんなにサッカー好きだった?」W杯ドイツ戦勝利でのお祭り騒ぎに戸惑う記者は考えたにわか盛り上がり。否定はしないが、日本社会の特性も?千葉商科大の常見陽平准教授は「周囲 ...

文藝春秋2022年12月号[雑誌]京極夏彦文藝春秋2022-11-10 『文藝春秋』の最新号「オヤジとオフクロ」に寄稿。 母について。こちらで無料で少しだけ読める。 宣伝会議2022年12月号 「広告って嫌われ者?」アドエクスペリエンスを考える宣伝会議2022-11-01 『宣伝会議』にも ...

ついに、あのコーナーに登場。私の前が、大竹しのぶさん、その前は三宅裕司さん。私が出て、いいのか?人生を変えた、母の言葉を紹介。 ちなみに・・・。他にあげた候補の言葉はこんな感じ。 ゼミにて 「まだ12時間もあるだろう」 →ゼミのプレゼンの準備をしていた頃、 ...

メディアでコメントすることが大好きで。依頼されるたびにテンションが上がり。 「日経ビジネス」の2022年10月10日号の特集「孤独が会社を蝕む リモート時代の幸福経営」にてコメント。リモートが一見、社員のWLBやQOL、ウェルビーイングに貢献するかというと、そうでもな ...

実に久々にYou Tubeチャンネルと・・・。 Voicyを更新。 ちょうど複数の人から「もっとやったらいいよ」と言われ。ちょうど話したいネタもあったので。 You Tubeの方は、著者デビュー15周年に合わせてメディア、著者像の変化などについて語るつもり。Voicyは働き方関連 ...

毎日新聞8月22日付朝刊「学校とわたし」にインタビューが掲載され。札幌南、一橋での日々について語り。デジタル版の方が長いインタビューになっており。ナイス。私の自由を謳歌した日々がここに。 写真撮影をしてくれた三浦記者は、恩師のお子様で。エピソードに出てくる ...

↑このページのトップヘ