陽平ドットコム〜試みの水平線〜 

常見陽平公式サイト www.yo-hey.com

カテゴリ:本

もし文豪たちがカップ焼きそばの作り方を書いたら (宝島SUGOI文庫) [文庫]神田 桂一宝島社2018-09-06ベストセラー『もし文豪たちがカップ焼きそばの作り方を書いたら』(通称 もしそば)シリーズが、電子書籍化された。 もし文豪たちがカップ焼きそばの作り方を書いたら ...

元『噂の眞相』の編集長の岡留安則さんが1月31日に亡くなった。享年71歳。右上葉肺がんだった。突然のことで驚いている。合掌。 親子3代に渡り自民党に一度も入れたことのない家庭で育った私が、大学時代に愛読していたのは『世界』『週刊金曜日』『宝島30』『ホットドッ ...

毎年、書いている読書振り返りエントリー。「趣味の読書」で読んだ、「その年」に出た本の中から10冊を選ぶ企画。 今年はこれ。 『知性は死なない』(與那覇潤 文藝春秋) 『試験に出る哲学』(斎藤哲也 NHK出版) 『情報生産者になる』(上野千鶴子 筑摩書房) 『労働 ...

娘はすくすくと成長している。まだ1歳と4ヶ月。彼女が成人するころ(そもそも、その頃の成人の概念が気になるけど)、社会はどう変化しているのだろう? 未来の稼ぎ方 ビジネス年表2019-2038 (幻冬舎新書) [新書]坂口 孝則幻冬舎2018-09-27 「そうか、そういうことだったの ...

試験に出る哲学―「センター試験」で西洋思想に入門する (NHK出版新書 563) [新書]斎藤 哲也NHK出版2018-09-11 大学受験のとき、社会科は「倫理・政治・経済」で受験した。一橋大学は二次試験をこの科目で受けることができたのだ。明らかに選択者が少ない科目だろう。自慢で ...

1歳3か月の娘がいる。今週末は私が札幌なので、毎週楽しみにしているデートができなくて寂しい。楽しい日々を送っているし、私も子供も日々のことで精一杯だが、たまに将来のことを考える。いや、妄想のような理想を言えば、高校は私の母校、札幌南高校に行ってほしいなとい ...

もっともっとサラリーマン漫画を読まなくちゃと思うのだが、なんせ島耕作シリーズが好きすぎて。そういえば、昨日はJR東日本の「大人の休日倶楽部」のポスターに島耕作が登場していて卒倒。人気者なのか、消費されているのか、複雑な心境になった。・・・これ、ちゃんと50代 ...

日常的に娘の写真を撮影している。たまに、こんな妄想をすることがある。この写真は娘が、将来「情熱大陸」に出るときに使われるのではないか、と。親ばかというか、バカ親と言っても華厳の滝、いや過言ではないけれど、娘はかわいさ、賢さに満ちあふれており。何かこうスタ ...

POPEYE(ポパイ) 2018年 8月号 [サーフボーイと夏休み。]2018-07-09何しろ雑誌好きなもので。ネットとは意識的に距離を置くようにしており。移動時間には、新聞か雑誌を読む。スマホか、タブレットで。雑誌好きとしては、ちゃんと業界のためにお金を落とさなくてはと思ってい ...

娘はミルクを自分で抱えて飲むようになった。最近はいつのまにかベッドから降りてきて、ハイハイして茶の間にやってくることも。自立型人材?でも、私が存在する意義はあるかな。昨日は宮崎智之さんと対談。モヤモヤするあの人 常識と非常識のあいだ (幻冬舎文庫)宮崎 智之20 ...

↑このページのトップヘ