2020-06-07 17.11.01

嬉しいニュースが届いた。


サザンオールスターズが、横浜アリーナで無観客ライブを開催し、配信。


そして、新日本プロレスが無観客試合を開催し、配信!さらには、大阪城ホール大会2デイズを開催。こちらは人数をしぼって観客を入れるのだという。

待っていた。そして、期待している。ライブに飢えていたというのもあるが。日本を代表するアーティスト、プロレス団体には、それぞれ、昔のサトームセンのCMではないが「素敵なサムシング」を期待してしまう。

2年前、X JAPANの無観客ライブをネットで観た。その前日、私はぎゅうぎゅう詰めの幕張メッセでライブを観ており。それはもちろん、バンドも観客も素晴らしかったのだが。でも、台風直撃で、公共交通機関も止まることになり、ガラガラの幕張メッセで「気合い入れろ!」と叫び、倒れるYOSHIKIに神がかった何かを感じ。とんでもないものを観た。ともに、忘れられない夜となった。

きっと、ガラガラの横浜アリーナでも、桑田佳祐は「スタンド!アリーナ!」と叫び、無観客の非公開会場でも棚橋弘至も、高橋ヒロムもオスプレイも激しく飛ぶだろう。そして、無観客でしかできない何かというものもあり。そこに期待してしまう。

単に、客を入れられないがゆえに妥協策ではなく、これでしかできない何かを期待する。その何かがまだ、見えない。ただ、サザンも新日もそれを見事に提示してくれるだろう。また、観客の創意工夫で何かが起こるかもしれない。

ライブイベントの新しいかたちを日本から。楽しみに待つことにしよう。