UNADJUSTEDNONRAW_thumb_17c3

週末は娘の誕生日だった。無事に1歳になった。いや、「無事に」というのはあくまで社交辞令のようなもので。日々、体調を崩したりと、普通にグズったりと、まあ、いろいろある。

ところで・・・。不勉強で全く知らなかったのだが、一升餅という儀式があるそうで。・・・知ってた?44年生きてきて、初めて存在に気づくの巻。一升分のお餅を背負い、歩くという。一升と一生をかけており、一生食べ物に困らないようにというわけなのね。

2018-07-07 15.20.07

・・・見ていてやや切なくなった。重くて、泣き出すの巻。まさに儀式。やれやれだ。

もっとも、社会も私も先行き不透明なわけで。食べ物に困らずに生きることができたら、そりゃ、いいにこしたことはないな。

恵方巻きと一緒で、儀式のビジネス化というにおいも感じたが、お祝いだからまあ、いいか。いや、そうやって踊らされている?