25

偽アカウント騒動で疲れたからというのもあるのだけど・・・。

「気持ちよく生きる」「ストレスフリー」を大事にしているので、これを機会に色々、決断。

著者としての情報発信用、ファンとのコミュニケーション用に設置していた、著者Facebookページを閉鎖することにした。

あまり更新していないのと、ここならではのコンテンツがあるわけでもなく。

意識高く、Facebookを始めてすぐくらいの時に開設したのだが。有料メルマガもそうだったが、周りにのせられて色々やったが、合わないものは合わないというわけだ。

厳密には9月22日(水)いっぱいをもって「非公開」とにする。完全に「削除」するかどうかは今後、決める。

なお、Facebookの個人アカウント(私は1つしか持っていないからね)は、今後も続けるが・・・。先日のなりすまし騒動以降、ブログや連載などの紹介の他は「友達限定」公開に移行した。ますますプライベートな話だとか、ディープな話しか書かないようにする。友達申請も、お会いしたことがある人しか原則、承認しない。別にそこでの拡散なんかは期待しない。いや、お会いしたことがある人でも承認するかどうかは私の裁量にまかせて頂きたい(本当、見落としていることもよくあるのだが)。

別にネットで何か書くことに疲れたわけではない。ただ、もともと面白いことを書いているわけでもないのに、たまにしか更新しないのは、ファンの方にとっても申し訳ないと思い。やることを増やして疲れるのもどうかと思い。たとえ、hootsuiteの同時投稿であったとしても、だ。

Facebookの個人アカウントは、もともとプライベートなものだと位置づけており。公開モードにしていて、そこで友人向けに語ったことを曲解して攻撃とか、そういう面倒臭いことを避けるために、友達限定にふる。しかも、会ったことのある人にしかつながらない、と(これはもともとだけど)。

ネットでの情報発信はやめない。それは仕事として連載にますます力を入れ、日々の徒然なる想いはこのブログに書きなぐる。

社会の分断化、断絶は止まらない。不特定多数に好かれようとか、ましてやつながろうなんてことの難易度はますます高まっている。論者としては、世界を動かす言葉を発信したいと思っている。だから、連載やメディアでの発言にはますます力を入れる。ただ、私のFacebookページはあまりに非力であり。世界を変えないと思ったんだ。個人アカウントは、濃い同志との情報交換に使う。そこでの熱量を世界に波及させていくつもりだ。別にFacebookページがなくても、このホームページに連絡先を書いているし。

模索も必要だけど、その先には選択と集中が必要なのだ。

まあ、究極、家族との幸せな時間のために人生はあるわけで。仕事も好きだけど、家族ほど好きではないのだよね。家族を幸せにするために働くのだけど。

だから、こういう、選ぶ勇気って今後、大事になると思うんだ。

というわけで、ますますストレスフリーに生きる。

いままでありがとう。

今後とも夜露死苦。