ブログネタ
ひとりごと に参加中!
Ultimate Aerosmith Hits/アルティメイト・エアロスミス・ヒッツ
Ultimate Aerosmith Hits/アルティメイト・エアロスミス・ヒッツ
クチコミを見る

今週も平日がスタート。忙しくなってきた。転職してからの残業時間記録更新。でも、同僚はもっと忙しそうだ。もっと頑張らなくては。

夕飯を食べていなかったのだが、こんな時間にかぎってラーメンが食べたくなる。諸々、検討した結果、神田駅付近の中華料理屋で五目タンメンを食べる。野菜がいっぱいであっさり味だからいいだろ、と自分に言い訳してみる。ふと、ある味を思い出す。祖母がよく作ってくれた塩ラーメンの味だ。祖母が亡くなってから今年で丸15年。お世話になった陽平青年は一生懸命生きている。

会社のPCが新しくなり、感激。いや、私が着任したときも新しいPCが届いたのだが、うっかりネットブックを注文してしまったのだ。これが実務をやるにはとても遅い…。お願いし、デスクトップを追加注文。本当に申し訳ない…。でも、とても快適なPC。仕事がはかどりそう。はかどるといいな…。

お世話になっている何名かの編集者さんと連絡を取り合い、胸が熱くなる。皆さんのおかげで、私は頑張れる。皆さんのためだから、私は頑張れる。いい本つくるぞ。

そう、編集者さんと私の関係もそうだが、今日は「愛されるパートナー」とは何かということについて考えたのだ。

某社のカリスマ人事担当者と再会し、様々なことを語り合ったのだが、その際にお取引先様とのお付き合いの仕方が話題になった。盛りあがりを見せたのだ。意気投合したのだ。

まず、「業者扱い」は良くないと思っている。したくないし、されたくない。もちろん、一業者であるという謙虚な気持ちは大事にしている。でも、基本的に「業者」という言葉が嫌いなのである。それに関連して言うと、「発注」という言葉も嫌いなのだ。以前、この言葉を使ったら上司に激しく注意されたことがある。以来、使っている人がいたらやんわりと注意するようになった。「業者扱い」は醜いし、見ていても痛いのでやめた方がいい、きっと。おかげさまの気持ちを忘れてはいけないのだ。「俺が俺がの『が』を無くし、お陰お陰の『げ』で暮せ」これは法然上人の箴言である。一人じゃ何も出来ないこと、相手をリスペクトすることを意識するべきである。

次に、営業とお取引先様は、できれば向かい合わずに一緒の方向を向いて座る感覚が大事だと思っている。昔、先輩からアドバイスされたことだ。拙著『ヒーロー社員になろう!』でも紹介させて頂いた。一緒になって、力を合わせる。意見を出し合う。そんな感じ。

さらに、よいパートナーとは互いの良さを引き出し合う感じが大事。自分はこれまでのビジネス歴において、営業する側よりも営業される側の時代の方がたまたま長かった。その際にこだわったことは、いかに営業の方の力を引き出すか、意見、本音を引き出すかということだった。例えば某萬代で人事をしていた最後のころは、自分の意見は部内ではたいてい通り、営業さんにも絶賛された。でも、そんなときに大事にしたことは、「これ、本当に面白いですかね?」、「他社を圧倒的にこえていますかね?」、「どこがダメだと思います?」という質問をすることだった。ここでちゃんとダメだしをしてくれる方はやはり優秀で頼れる方だったのだ。

今も様々な編集者さんとお仕事をさせて頂いているが、おかげ様で、ダメなことはダメだと言って頂ける編集者さんばかりで感謝している。特に企画書や原稿を書いていると、「本当に面白いのか?」どうか分からなくなってくれるので、率直な意見を言って頂けると助かるのだ。うむ。

そして、パートナーとお付き合いする上では「愛嬌があること(あるいは、かわいいこと)」、「親切であること」、「誠実であること」がとても大事だと再確認。逆に、「愛がない」、「頼りない」、「(悪い意味で)常識がない」とダメ(って、自分も最初の1つ以外はまだまだ弱い)。

そして、楽しくプレイする感覚が大事だと思っている。keroさんと私はよくこう言う。「仕事プレイ」と。

すてきなパートナーとたくさんいい仕事プレイをしたいと思っているし、すてきなパートナーに私もなりたいのだ。

うむ。

ちなみに、最近、友人のmixi日記で発見し、気になった言葉はこれ。

自分に利があるが、他人に利がないのは、ペテン。
他人に利があるが自分に利がないのは、ボランティア、又は奴隷。
自分にも他人にも利があるのが、究極の営業。


なるほどね。

いつになく長いエントリーとなってしまったが、ここまで付き合ってくれて感謝。

4月4日(土)の誕生会だが、おかげさまで盛り上がりをみせている。参加表明よろしく。

写真は今日、久々にAEROSMITHが聴きたくなってチェックしたアルバム。いいね。

おやすみなさい。愛しています。
ranking

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代の生き方へ