ブログネタ
働くことを考える に参加中!
6a8fc187.JPG





「大学って何なのかね?」
いま、ブログ上で「学歴」議論が炎上しています。

この方のブログのこのエントリーに対して、
小飼弾氏がこんなエントリーをしています。

これに関連したエントリーも結構な数になっています。

個人的な意見を述べると

大学に入る力≠大学で得られる力≠会社に入るための力≠会社でプレイヤーとして活躍するための力≠会社で管理職の立場で活躍する力≠会社で経営者になる力

だと思っています。

なので、「高学歴なのに企業に入社できない」というのは、根本的にずれているのではないか、と。


また、「学校歴×コミュニケーション能力」という切り口も違うのではないかと。それぞれに、各種の要素を詰め込んで考えたのかもしれませんけどね。


大学というのは、あくまで「場」なので、そこに期待しすぎるのもどうかと。


一方、小飼弾氏の「バカ」という一言で総括するのも、ずれているのではないか、と。


「何でも社会のせいにするのはどうか?」という意見には賛成ですけどね。それこそ、秋葉原で大量殺人事件が起こった際に、「社会が悪い」という議論が盛り上がったことは、本当に気持ち悪かったのですよ。


ただ、よく言われることではありますが、「学歴が全てじゃない」論というのは、それだけが全てじゃないのもまた事実。他社の方からお伺いしたのですが、学校名不問の採用を実施した会社で残ったのは、東大だらけで、それがまた問題になったという話もあるわけですよ。



なんなんでしょ、この気持ち悪さは。



自分の原体験を少しだけ話をすると…。



一応、高学歴と言われる大学に入り、卒業したワケです。あ、本にも書きましたが「勉強」は好きでしたが「受験勉強」は嫌いだったので、授業中は寝ていることが多かったですね。あるいは、小説や新書を読んだり。進研ゼミの超難関国立コースの教材1年分と赤本の問題と答えを丸暗記して大学に現役合格しました。いや、考えること放棄したので、高学歴と言われるかもしれないけれど、あまり頭を使わず生きてきましたね。えぇ。頭よりも感性で生きてきたかな。


大学に合格したころ、不動産屋さんには「あの大学に入ったなら、レールに乗ったようなもんですよ。ガハハ。」的なことを言われたのですよ、実際。だけど、レールとは関係ない世界をずっと歩いているなぁ、ということ。レールと関係ある世界だったら、もっと楽だったかもしれません。


そういえば
「学歴をコンプレックスに思え!」
という語録が、最初の会社ではありましたな。うむ。


あー、しかし、この議論は気持ち悪いですな。気持ち悪い議論をしかけてくれた方々は、これまたすごいことかな、と。



・・・ってこんな分かりづらい意見を展開する私も相当アホだな。



写真は大学時代の、立川時代の陽平城。ポップアートが好きでした。当時愛用していたPCですー。


みなさん、この議論、どう思います?正直、互いに極端すぎて、なんだかな、と。


ただ、社会に期待したり、そのせいにするのもどうかと思いますけど、次の社会をどうすべきかを真面目に考えるのは大事なことかと。


うーん。


各種人気ブログランキングに参加中です。

よろしければそれぞれポチリと押してください。お願いします!

※過去に押して頂いた方も、各エントリーについて、面白い、いけてると思ったらポチリとお願いいたします。

rankingにほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代の生き方へ

PCの方は、気が向いたら拍手ボタンもポチリと押して頂けると元気が出ますのでぜひ。

拍手ボタンを押すとコメント欄が出ますが、これは私にだけわかるようになっていますので、気が向いたらメッセージよろしくお願いします!